完全に横になれる夜行バスの寝心地をチェック

まるで飛行機のビジネスクラス

一昔前は夜行バスと言えば、サラリーマンが時間と費用を節約するための移動手段でしたが、今やその世界は一変しました。フラットシートの夜行バスは例えるならば、飛行機のビジネスクラスのようです。長時間の移動も完全に横になれるシートで快適に過ごすことができます。 特にここ最近はシート自体の質も非常に良くなり、横になれるバスというのはただ単にシートが倒れるだけではなく、その寝心地にもこだわりをもっています。飛行機と違って地面との接触があるバスのフラットシートは、横になっても身体にかかる負担は最小限になるように設計がされており、長時間でも快適に移動することができます。 もちろん、プライベート空間への配慮も大事です。寝心地が良いということは完全に寝てしまう可能性が高いわけですから、バスの保安基準を遵守しつつもプライベート感を大事にした絶妙な配置で安心して過ごすことができるでしょう。

新幹線より快適でホテルよりコスパ良し

移動手段としてバスを選択するときに、夜行バスといえばやはりその交通費の安さを理由としてあげる人が多いと思います。時間をお金で買うとすれば新幹線や飛行機となり、時間をかけてもよければ夜行バス、といったところでしょうか。しかし、前述のように、完全に横になれるバスとなると話は少し変わってきます。 快適に、しかも安全に移動できる手段となると、比較対象は同じ交通手段ではなく、宿泊、つまりホテルとの比較になってくるのではないでしょうか。身体を包み込む快適な寝心地はホテルのベッドと言ってもいいかもしれません。清潔で安全で横になって移動できるホテル、そんなイメージが当てはまる豪華な夜行バスはコスパの面でも快適と言えるでしょう。